子丑天中殺の性質

 生まれた日の干支が 「甲寅」「乙卯」「丙辰」

 

「丁巳」「戊午」「己未」「庚申」「辛酉」「壬戌」

 

「癸亥」の方が「子丑天中殺」です。

 

穏やかで優しい気持ちを持つ「子丑天中殺」ですが、「父親運」「目上運」「上司運」

 

が欠けているため、親や上司に反発することが多くなります。

 

子丑天中殺を子供に持ったなら、その親は子に「価値観の押しつけ」や

 

「家業の跡取り」を無理強いしてはいけません。

 

子丑天中殺の子供は、親と違う道を歩み、早くに独立することで

 

運が開ける星です。

 

若い時期の苦労の有無で、子丑天中殺の人生は大きく変わってきます。

 

親の過保護の中で育てられた子丑天中殺は、中年期に迷いの多い

 

人生となるでしょう。

 

逆に、子供時代、青年期に苦労した子丑天中殺は、中年以降に運気が

 

急上昇していきます。

 

 

仕事面では頭の回転が速く、実務的な処理能力に長けているため、

 

部下からの信頼も厚くなります。

 

しかしその反面、情に脆い部分が見え隠れします。

 

その部分で足元をすくわれない様、注意が必要となるでしょう。

 

「目上運」が欠けているため、お手本となるべき理想像が描けないことが、

 

子丑天中殺にとっての悩みの種。

 

これが、社会である程度の位置に就いた時の「迷い」を生じます。

 

豪放磊落な外面の印象とは裏腹に、心中迷いが多く周囲の目を気にす

 

る小心な内面。このバランスが崩れてしまうと、単なる「異端児」「変わり者」

 

と言う評価になってしまうでしょう。

 

子丑天中殺は、内に秘めたる優しさを素直にさらけ出したほうが良いのでは。

 

そうすれば周囲との調和がとれ、格段に生き易い人生となるはずです。

 

 

 

                      ホームへ戻る