宿曜占星術 亢宿の性質

亢宿(こうしゅく)

 

動物に例えれば「」の宿。龍は架空の

 

動物であり「霊獣」です。

 

霊獣の意味は、この宿の「潜在能力」が

 

いかに大きいかを示すものです。

 

どの宿も、職業の適正などはある程度「偏り(かたより)」があるのですが、

 

この亢宿は適性の範囲が広いのが特徴。

 

しいて言うなら、探究心旺盛でありストイックな面からして、芸術、学問、スポーツなどの

 

方面に進むのが最良でしょうか。

 

 

性格的には「正直」であり「生真面目で一途」。

 

変化球で勝負しようなどという気は、さらさらありません。

 

曲がったことは嫌う「直球勝負」の人であり、熱い「正義感」も秘めています。

 

嘘やごまかしを極端に嫌うので、人の不正にも容赦はしません。

 

「妥協」という文字は、この宿の辞書には存在しないようです。

 

 

とはいえ、現実の世界でも直球しか投げられないのでは、行き詰まることばかり。

 

信念が強すぎて周囲が理解に苦しむような、極端な行動に走らないよう注意が必要です。

 

 

この宿が属する「秤宮(ひょうぐう)」が意味するものは、「財運」と「バランス感覚」。

 

しかしこのバランス感覚も、ピンと張りつめた糸の上に乗っていて、理想と現実の狭間で

 

常に揺れ動いています。

 

表面上はしっかり者に見えても内面は繊細なので、俗っぽい世界に身を置くと

 

天性のバランス感覚が崩れてしまい、引きこもりなどの世捨て人になってしまうことも。

 

そういった傾向が顕著に出てしまった例が、作家の「三島由紀夫」でしょう。

 

星宿と並ぶ「反骨精神」の亢宿ですが、繊細すぎる内面と危ういバランス感覚が

 

市ヶ谷駐屯地での自決という最悪の手段を選ばせました。

 

外国ではミャンマーで幽閉されながらも「一途に」信念を貫きとおした「アウン・サン・

 

スー・チー」が、亢宿生まれ。

 

現代では、大リーグの「イチロー」選手、映画監督の「山田洋次」、司会者の「安住紳一郎

 

村井美樹」「中野美奈子」「ダイアン・レイン」など。

 

 

 

home