宿曜占星術 心宿の性質

心宿(しんしゅく)

 

心宿の人は愛想が良く、気さくな感


じなので周囲の受けは良いほうで


す。

 

しかし、その本質は「繊細」であり

 

神経質」。

 

そもそも対人関係は苦手な宿なのですが、孤立することを恐れて「努めて明るく振る


舞う」、この宿の悲しい習性でしょうか。

 

俗な言い方をすれば、「外面と内面の落差が激しい」ですが、そんな単純な

 

精神構造ではありません。

 

精神の純粋度が高く、また人間が持っている「孤独感」を、これほど熟知している宿

 

は他にいないでしょう。

 

 

心宿が属する「蝎宮」(かつぐう)は、陰の気が強い宮。

 

また、この宮が示すものは「苦難に耐える力」。

 

この世は決して「楽園」などではないことを、この宿星は本能的に知っています。

 

 

さて、こういった人間の「心の影」の部分を上手く表現できる芸術家なども、

 

心宿の最適な舞台。

 

日本の文芸作家では「松尾芭蕉」「坂口安吾」「中原中也」「向田邦子」。

 

芸能界では「さだまさし」「郷ひろみ」「小池徹平」「西田ひかる」「絢香」。

 

映画界では「チャーリー・チャップリン」「渥美清」「ジョン・ウェイン」「榎本健一

 

アルフレッド・ヒッチコック」。

 

そして芸術の巨匠「パブロフ・ピカソ」も心宿の生まれ。

 

「健康に難あり」の暗示がある半面、医療関係に優れた適性がある宿です。

 

恋愛に関しては相手のペースに乗せられる人も多く、不本意な結婚になるケースも。

 

対人関係には臆病でも、恋愛に関してはなぜか雑になる傾向です

 

 

home