宿曜占星術 房宿の性質

房宿(ぼうしゅく)

 

二十七宿中、最強の「財運」を持つ房宿。

 

この宿の場合、自分で稼ぎまくると

 

いうよりも、どちらかといえば「玉の輿」

 

あるいは「逆玉」「棚ぼた」タイプが多いようです。鉄が磁石に引き寄せられるように、

 

財が集まる。そんなイメージが当てはまります。

 

 

女性の房宿は美人が多く、普段は清楚な感じの女性でもドレスアップすれば、見違える

 

ほどの美女に変身します。

 

性格は「正直の人」で、嘘をつくのが下手。

 

割とおしゃべりで、結構強気なことも口にするのですが、内心は臆病の気が強く

 

渦巻いています。なので、自分から強く事を進めるのは苦手。

 

何事も飽きっぽい面もあるので、早くに人生の目標を決めたほうがよいでしょう。

 

お金に縁のある星なので、金融関係、経理などの分野が適職です。

 

 

 

元来が他人のことに関心を持たないせいか、人との縁も長続きしません。

 

また、苦労が少なくて済む「幸運な宿」なので、「苦労する人たち」の気持ちに

 

鈍感な面もあります。

 

それがこの宿を「他人の痛みが分からない」人、というマイナスの評価に押し下げます。

 

しかし房宿は根っからの薄情というわけでなく、昴宿同様、この宿も若い時期に辛酸を

 

嘗めた者は、目下などの面倒見は人一倍良いほうです。

 

 

 

 

「他人の痛みが分からない」といえば、徳川幕府最後の将軍「徳川慶喜」が、こ

 

の房宿生まれ。

 

自ら大政奉還をし、藩士たちが決死の戦いをする最中、さっさと水戸に逃げ帰ってしまう。

 

房宿の幸運を活かした人生だったのでしょうが、「人の想い」を少しでも汲む気持ちが

 

あったなら、歴史も少し変わっていたのかもしれません。

 

 

 

 

home