辰巳天中殺の性質

生まれた日の干支が「甲午」「乙未」「丙申」

 

「丁酉」「戊戌」「己亥」「庚子」「辛丑」「壬寅」

 

「癸卯」の方が辰巳天中殺の生まれ。 

 

辰巳天中殺の人は、集団においての

 

「異端児」的存在。

 

家族の中でも一人だけ個性的なのが特徴で、他の兄弟とは異質な子に育つ傾向です。

 

家系や組織からはみ出す」ことは、辰巳天中殺の宿命であり、子丑天中殺同様、

 

親との縁も薄い傾向です。

 

または「父親っ子」「母親っ子」のように、どちらかの親に偏った縁になることもあります。

 

一人だけ毛色の違う子を持つと親は心配の種でしょうが、辰巳天中殺の子には

 

ある種の「しぶとさ」が備わっています。

 

どんな環境においても、いつのまにか根を張る雑草のようなしたたかさが

 

この星の真骨頂。

 

なぜならば、この天中殺には「心」「精神」が欠けているため、その対極に位置する

 

「現実世界」に関心が向かう傾向だからです。

 

そのため辰巳天中殺は、頭の中でいろいろ考えているのなら、直ぐに実行に

 

移してしまおうというタイプなのです。

 

 

辰巳天中殺のもう一つの特徴は「庶民的な星」であることです。

 

どんなに肩書や地位が上がっても、「気さくで親しみやすい」庶民的な

 

性格の持ち主です。

 

ただし、「人の言うことを素直に受け入れない」頑固な面があり、

 

運気の上昇を妨げることが懸念されます。

 

自分の意見に固執せず、人からのアドバイスを素直に受け入れることが開運となります。

 

 

                      ホームへ戻る