新社会人たちへ

四月から社会へ巣立つ方たちへ。

 

新しい生活で戸惑うことの多くは、「対人関係」

 

ではないでしょうか。

 

学生時代にはヨコの繋がりだけで済んだでしょうが、社会人になれ

 

ば周囲は皆上司や先輩ばかりです。

 

当然ですが、人格的に尊敬できる人ばかりではありません。

 

ここで頭をもたげてくるのが「自尊心」です。

 

 

 

「こんな人間的に尊敬できない奴に、なんで頭を下げなきゃならない

 

んだ」「あんな上司にへりくだるのは、自分の自尊心が許さない」

 

真の「自尊心」とは、字の如く「自分自身が最も尊いと思う心」です。

 

本物の自尊心を持つと、目上、目下という感覚はなくなります。

 

相手の地位、役割に対して頭を下げる意識になるのです。

 

 

人間はみな平等ですが、地位や役割には上下関係はあります。

 

その人の人格に頭を下げるのではなく、地位役割に頭を下げるの

 

す。

 

大人ではなく幼児が国王になっても、家臣や平民はひれ伏さなくては

 

なりません。

 

幼児の人間性にひれ伏すのではなく、家臣や平民たちは幼児の役割

 

地位に服従することで、自分たちの役割地位を果たすのです。

 

 

 

「この分野では絶対に人に負けない」

 

中途半端な自尊心を持つより、自分自身に絶対的な自信を身に

 

つけましょう。

 

 そうすれば、相手の人間性など気にならなくなる、強い自尊心が備わ

 

るのです。