憑かれる

悪い霊に憑かれた経験、一度だけあります。
 
 
30代の女性の相談者でした。
 
家族や職場の同僚からのいじめに悩んでの相談。
 
いろいろな鑑定所を訪ねてみたけれど、高い料金を
 
ぼったくられるばっかりで(通常の倍)解決策が見いだせ
 
なかったそうです。
 
 
 
開口一番「私給料××万しかもらえてないので、
 
あまり高い料金はちょっと・・・」
 
 
 
その給料の安さにびっくり。それは二十年前の給料レベルで
 
は・・・。
 
「えっ、あなたいつからその会社勤めているの?」
 
「高校出て新卒で入社したので、勤続18年になります」
 
「18年!?・・・その間昇給とかなかったの?」
 
「最初の数年間はありましたけど、その後は業績が悪いから
 
昇給なしとか、賃金カットとかあって・・・」
 
こんな事情を聴けば、値引きしないわけにいきません。
 
 
詳しく内容を聴いてみると、まあ、今時これだけ悲惨な目に
 
あっている人も珍しいなと思えるほどの惨状。
 
家族全員からのいじめだけならまだしも、
 
職場に行ってもパワハラの嵐。
 
通勤電車ではスリに遭って、銀行から降ろしたばかりの
 
お金を盗られてしまったり・・・。
 
友人や彼氏、もちろんいません。相談できるのは巷の占い師のみ。
 
しかし高い確率でぼったくられる。
 
不幸が洋服着て歩いてるようなもの。
 
 
 
早速、星を見てみると・・・持って生まれた運は悪くない、
 
年代運も年運も悪くない、
 
両親との相性も悪くない、今の仕事は適職でもある???
 
 
負の要素がほとんどないんですよね。こういうケースは珍しい。
 
かなり悩みましたが、頭の中から色々な対処法を引き出し、
 
彼女に提案しました。
 
 
そんなこんなで予定時間をかなりオーバーして、
 
一時間半以上話し込みましたね。
 
本人も吹っ切れた様子で、清々しい顔で帰りました・・・が、
 
 
こちらはどっと疲れました。熱っぽく話し込んだので、
 
だいぶ体力消耗しちゃったかな。
 
そう思ったんですが、隣のブースの鑑定士さん
 
(霊能者でもあります)に
 
「××さん、憑かれちゃってるね」と言われたのです。
 
「ええ、かなり疲れました」
 
「いや、その疲れじゃなくて、悪い霊に憑かれちゃってるわよ」
 
「!?霊・・・・・憑いてます?」
 
「そう、今のお客から乗り移ったのね。簡単に祓っておくわ。
 
家に入る前に塩でお清めしなきゃだめよ」
 
「はい・・・すみません。お願いします」
 
 
ということは、彼女の不幸の元凶は悪霊?・・・。
 
 
 
「まともな占い師は、畳の上で死ねない」
 
昔読んだ本に、そのようなことが書かれてあったのを
 
思い出しました。
 
その意味はこういうことだったのでしょうか。
 
 
厄年とは関係なく、定期的に神社などでお祓いして
 
もらわなきゃ駄目かな。
 
この出来事にあってから、そう考えるようになりました。