とり年生まれ

人口の割合からすれば、十二支の中で一番少ない生まれが

 

とり年生まれ」。

 

ちょっと古いデータですが、2005年の調査では

 

男性が457万人、女性が486万人の合わせて943万人。

 

これは第二次世界大戦が終戦した1945年が酉年にあたり、

 

1945年生まれの人が突出して少ないのが

 

原因とも言われています。

 

ちなみに十二支で最も人口が多いのは「うし年生まれ」の人で、

 

1,117万人。かなりの差がありますね。

 

酉年生まれって、役者さんとか歌手の方が多いんですよね。

 

ざっと思いつくだけで吉永小百合さん、菅原文太さん、宍戸錠さん、

 

藤田まことさん、尾崎紀世彦さん、今の時代では安達祐実さん、

 

柴崎コウさん、飯田圭織さん…。

 

 

 

今渦中の人でいえば、大阪市長の橋下徹氏。

 

とり年生まれの武器である「トーク」を武器に這い上がってきた人物。

 

しかし、人を魅了する絶妙なトークも、場合によっては「諸刃の剣」

 

となってしまう危険性が大。

 

彼は申酉天中殺(陰)の生まれで、去年今年は第二の天中殺期。

 

今年の巳年は、申酉天中殺にとっては出直しを迫られる年。

 

とはいっても、このままフェードアウトする可能性が大ですが。

 

 

とり年の、もうひとつの長所である「大局観」をうまく生かせなかった

 

ことが悔やまれますね。