感謝しらずの星

生まれた日の干支が、「丙寅」「丁酉」「戊寅」「己酉」「壬申」「癸卯」の人。

 

これらは別名「感謝しらずの星」と呼ばれます。

 

別に、薄情で非道な性格というわけではありません。

 

過去や未来より今この時、つまり「現在」にしか関心がないのです。

 

 

「今どう生きるか」が一番大切なので、過去に受けた恩や忠告などを

 

すっかり忘れてしまう。

 

嫌なことを忘れられるのは良いことですが、せっかくのアドバイスや

 

恩義などは忘れてはいけません。

 

 

この生まれは直感的に相手の心情を察することが出来るので、

 

対人関係をソツなくこなせます。

 

また人に期待されると実力以上のパワーでがむしゃらに働き、

 

周囲の評価も高いでしょう。

 

なので、この星の評価は「良い人」「恩知らず」の両極端に分かれることになります。

 

 

「恩を受けた人にはいつかお返しをする」のではなく、すぐに感謝の気持ち

 

を示すことが大事です。