山寺 宝珠山立石寺 その1

ちょうど紅葉が見ごろと聞き、山寺こと「宝珠山立石寺」へ。

登山口を少し進むと、「根本中堂」があります。

 

ブナ材の建築物では日本最古で、延文元年(1356)初代山形城主・

 

斯波兼頼が再建した国指定重要文化財です。

 

登山口といっても、すべて石段で登ります。

山寺といえば松尾芭蕉の「閑さや岩にしみ入る蝉の声」が、有名です。

「せみ塚」(上の画像)に、その句をしたためた短冊が埋められているそうです。

 

もっと、立派な碑を想像していたのですが、意外と質素な造りでした。

石段を山頂へと登っていく途中には・・・

お墓や供養塔などが、数多く祀られています。

続く