セウラサーリ野外博物館

1909年に創設されたセウラサーリ島にある野外博物館。17~20世紀初頭に造られた87棟の民家や教会が、敷地内に点在しています。

 

セウラサーリ野外博物館行のバス停は、ストックマンから道路を隔てた反対側にあるスェーデン劇場前にあります。約20分ほどで到着しましたが、残念ながらの小雨模様。

このアイスクリーム屋さん、ヘルシンキ市内で結構見かけました。でも、今日はあいにくの天気でお休みです。

この写真の他にも、沢山の小学生たちが遠足(校外学習?)で来園していました。

これは教会ですね。残念ながら、中には入れません。

風車ですね。かなりの年代もの。説明が読めないのが悔しい。

昔の電話ボックス。共用の電話だったんでしょう。

こちらは園内の公衆トイレ。無料はありがたいです。(ヘルシンキ市内は有料トイレが多い)

こちらのお屋敷は真新しいカーテンがかかっているので、使用している模様。

なにか、とても濃厚で、贅沢な森林浴をしている気分。鳥のさえずりしか聞こえません。

母子連れが、野生のリスと遊んでいました。リスが人を怖がらないのには驚きです。

こちらはレストランとカフェ。ちょっと休憩します。

アイス・ラテを注文したんだけれど、なぜか暖かいし、氷が入っていない。

実は次の日も別な公園内のカフェで、アイスラテを頼んだけれど、やっぱり暖かかったです。メニューには、確かにアイスと書いてあったんだけど。

案内板は、フィンランド語、スェーデン語、英語の三か国語表記。

巨大な一枚岩で遊ぶ子供たち。こんな大きな一枚岩は、初めてお目にかかりました。

 

隠れた人気の観光地ということで期待して行きましたが、その期待を裏切らない素晴らしい野外博物館でした。

 

フィンランドの森を体験できる、素敵な観光スポットです。フィンランドに行かれる方は、是非とも訪れてみてください。