初夏の山寺 野の仏

登山道は、むせ返るような緑に包まれています。

道のわきには無数の墓石や野の仏様たちが。

仏様に見えますか?

私はなんとなく、ですが見えますね。

本当に幸せが訪れるのでしょうか。まあ、気の持ちようということで。

仁王門の左右に居て、監視されているのですね。

宅配や郵便の人たちも大変です。

 

納経堂が見えてきました。

山寺のメイン、五大堂はもうすぐです。

五大堂の入り口は、こんなに狭く滑りやすいです。

雨上がりなどは、転ばないよう気をつけてください。

五大堂から見える景色です。

天気が良かったので、山寺の駅もはっきりと見えます。

こんなところにも、お堂が。修行者はどうやって登るのでしょう。

奥の院や五大堂などに観光客、参拝客たちは集中しますが、私にとってここに来る理由は・・・登山道途中の風雪に耐えている野の仏様たちが、私に最良の気を与えてくれる。そう思えるからでしょうね。それが証拠に、登山後は疲れも感じず、次の日も気力が充実して気分爽快です。私にとってはどんな立派な仏様より、ありがたいご神仏です。

 

前日の天気予報では、一日雨だったのが思わぬ快晴でした。

登山を終え、食事しようかなと門前の店に入って天ぷら蕎麦を注文。

暑い日だったけど、こういう時こそ熱い蕎麦がおいしいのです。

天ぷらは揚げたてで蕎麦は太目、私好みです。

 

さて、そばを一口食べ始めると・・・途端にバケツをひっくり返すような豪雨。一応傘は持っていたけれど、ほとんど役に立たないような激しい雨です。

 

降る時間帯は外れたけれど、雨の予報は一応当たりましたね。

でも、登山中でなくて良かった・・・。野の仏様たちが守ってくれたのかしら・・・。感謝します。やはりこのお寺とは相性が良いようです。