久々の更新です。

9月の初旬に手術を受け、今までおとなしくしていました。

 

手術なんて、25歳の時胃の全摘手術を受けてから数十年ぶりです。

 

でも、今は良い薬がいろいろとありまして、昔のように術後の痛みに悶絶することも

 

ありません。

 

医学の進歩はありがたいですね。

 

 

さて、旅行記の続きです。

 

チェコの次はウィーンへ移動します。まずはウィーン歴史地区の観光。

 

こちらは世界遺産のシェーブルン宮殿。ハプスブルグ家歴代君主の離宮ですね。


しかし離宮とはいえ、部屋数が1400を超える・・・。


ずいぶんと財源豊かだったのですかね。今だったら、建築費はいくらかかるのでしょ


うか?

これは高校生の音楽隊でしょうか。服装はバラバラでも、ハーモニーはぴったり。


さすがは音楽の都です。

次はベルヴェデーレ宮殿。


オーストラリアの20セント硬貨には、門越しに見たこの宮殿が彫られています。

これほど豪華絢爛でも、「夏限定」の離宮だったそうです。


もったいないというか、贅沢三昧だったのですね。


この時代、こういった王家の生活を庶民たちはどう思っていたのか?