フェルメールとレンブラント

時系列がバラバラですが、去年のベルギー旅行記続きです。

 

ベルギーでの旅行では、アムステルダムの国立美術館とマウリッツハイス王立美術館にも行ってきました。まあ、これが今回のツアーの目玉なんでしょうね。

一枚目の写真は、国立美術館のインフォメーション。

スタイリッシュです。

フェルメールの「牛乳を注ぐ女」。

こちらはレンブラントの「夜警」。大作です。

ここだけは警備の職員がついています。

カメラでの撮影はOKですが、ビデオカメラは不可です。

ツアー仲間がそれを知らずに撮影していたら、警備の人に全部削除されました。

 

レンブラントの自画像です。

 

こちらもフェルメール作「青衣の女(せいいのおんな)」。

こちらはマウリッツハイス美術館。

「真珠の耳飾りの少女」が展示されています。

「デルフトの眺望」。

フェルメールは自画像というものを残しませんでしたが、ある説によると

この風景画が自画像だとか。

ガイドさんの解説によれば・・・生まれて洗礼を受けた教会と、死後祀られているいる教会が、この一枚の絵に描かれているから。

貴族のお屋敷のような美術館です。

 

「真珠の耳飾りの少女」

この絵だけは簡単な柵がありますが、警備員も付きっきりというわけではなく、

手を伸ばせば簡単にさわれそうな距離。もっと厳重に管理されてると思ってました。

ここもビデオは不可ですが、カメラ撮影は自由です。