特別な生まれ

宿曜占いでは「特別な生まれ」という星がいくつか存在します。

 

「七曜陵逼日(しちようりょうひつじつ)」「金剛峯日(こんごうぶじつ)」

 

「甘露日(かんろじつ)」「羅刹日(らせつじつ)」等。

 

なんだか難しそうなネーミングですが、今回はその内の一つだけをわかりやすく説明

 

しましょう。

 

この四つの中でも、特に個性的なのが「金剛峯日(こんごうぶじつ)」という生まれ

 

の人。この星の根底にあるのは「自分は何をやっても許される」という意識。

 

まあ、トランプ大統領みたいな「俺様」感覚なんです。(彼は金剛峯日の生まれでは

 

ありませんが)

 

有名人というジャンルでは、瀬戸内◎◎という作家もこの生まれ。

 

彼女の経歴をみると、この星の性質を如実に物語っていますね。

 

東京女子大学在学中の1943年に21歳で見合い結婚し翌年に女の子を出産、

 

その後夫の任地北京に同行。

1946年に帰国し、夫の教え子と恋に落ち、夫と3歳の長女を残し、

 

家を出て京都で生活・・・。

 

このお子さんも可哀想だけど、長い目で見ればこんなクズな母に育てられなくて、

 

ある意味幸せだったかもしれませんが。

 

まあ、人間なんて長い人生には色々と過ちを犯す生き物です。

 

こういった行為をする人も数多くいますし、それを「若気の至り」で済ます人も

 

珍しくありません。

 

だけど自分のクズすぎる過去は棚に上げて、人様に説法するという輩はなかなかいな

 

いでしょ。

 

まさに「金剛峯日」の真骨頂、「私は何をやっても許される」。

 

この星の辞書には「反省」や「懺悔(ざんげ)」という言葉はありません。

 

最近はこんな奴の戯言を、お金払ってありがたく拝聴する人が多いらしいですね。

 

自分のお金をどう使おうと勝手ですけど、宗教の名をかたった商売ほどおいしい

 

ものはありません。

 

ちょっと、わかりやす過ぎる極端な例を挙げたけど、この生まれの人全員がこんな

 

クズ人間ばかりではないので誤解のないように。